侵入された形跡を見つけたらネズミ駆除対策

屋根裏で物音がする場合や食べ物などに歯型の跡、かじられたような形跡があった場合には、ネズミが侵入した可能性が高いとみていいでしょう。
室内や屋根裏のどこかに潜んでいる可能性があるため、駆除をする必要があります。



ただし、どこにいるかわからないため目視で探すというのもかなり難しいという点から、いろいろと対策をするために市販されているネズミ駆除用のグッズを購入して仕掛けてみることも大切です。
罠などシンプルなタイプのものでも仕掛ける場所によっては効果があるため、ネズミが通りそうな場所をみつけていくつか仕掛けてみるといいでしょう。



罠の場所を通過することで捕獲することができるため、あちこち仕掛けておくと駆除率が上がります。
罠以外にも殺鼠剤や忌避剤などいろいろなグッズがあるため状況に応じて対策の仕方を変えてみることも必要です。罠にかからない場合には、別の方法を使うことで駆除ができる可能性もあるため、罠にかからない場合には、殺鼠剤や忌避剤などあちこち仕掛けてみましょう。



屋根裏に住み着かないようにするために忌避剤を屋根裏にまいておくことも大切です。

状況によっては、そこを拠点に被害を出し続ける可能性もあるため、追い払うという意味でも屋根裏対策は重点的に行うようにしましょう。

自分で対策をすることで駆除ができるなら問題ありませんが、状況によっては長期戦になってしまうこともあります。
自分で対処しきれない場合には、無理をせず業者に依頼してみることも一つの方法です。